ブログ

大切なのは、“人間形成”としての学問のしかた

2018/01/17 10:01

kengakunohi
今年も大雪の中、大学入試センター試験が実施されました。再来年の2020年より新たなテスト方式に変わるそうですが、大きく変わるのは今までのマークシート式から一部記述式が導入されること。暗記した知識の量ではなく、思考力、判断力、表現力などを総合的に評価することが重要であるという見解によるものです。 マークシート方式の「答えを選ぶ」という作業は、暗記力やパターン認識力に依りますが、記述式の場合は「問題を理解し、自ら考える」ことが求められます。昨今、倫理観の欠如による、いわゆるエリートと呼ばれる人たちのスキャンダルが連日報道されています...

高校1年生の崇高な職業観に見習う

2017/11/19 06:11

20171119_173234_R
「新聞を読んで」の感想文コンクールのある優秀作品に目が留まった。 「『介護とは一人の人を、その人らしい日常生活の中で見送ること。それなりに大事業なのだろう』と考えている」 という、曽野綾子さんの記事を通じて、介護という一つの職業の価値を自らの体験に照らし合わせて理解し、「世の中にある全ての職業は、なんらかの点で大事業である」ということに、この生徒は気付く。そして、「将来、自分がどのような職業に就くのかは分からないが、責任を持って働きたいなと思った」と決意をする。 まだ、社会経験の少ないはずの16歳の女子高生であっ...

14歳

2017/11/01 06:11

20171019_074909_R
14歳。それは、憧れや夢から現実の社会に片足をかけ始める年頃。 自分で立ち上げた会社に、“14(フォーティーン)”という名前をつけた女性の デザイナーさんがいます。 「なぜ、“14”なんですか?」と聞くと、 「私がデザイナーになろうって決めたのが14歳の時だったんです!」。 と彼女は教えてくれました。 そのデザイナーさんは数年前にフランスのパリに渡り、現在も活躍されています。 14歳。それは未来につながる入り口。 勉強をすることは、社会を知ること。 さくらノートは、社会...

仕事にやりがいを求めてはいけない?

2017/03/24 07:03

blog0324
10代の若い人から80代のご年配の方まで、これまで取材させて いただいた方は1,000人近くになる。 長年経験を重ねて来られた方の話には、いろんなエピソードが あり、幾年も時を重ねてこそ達することのできる、深い境地に 触れさせていただける。 しかし、社会経験が少ないはずの若い人の話に感服させられる こともしばしばある。 つい最近の取材でも、そんな若い女性との出会いがあった。 若干19歳。地元の商業高校を卒業し、社会人になって1年目の 彼女が勤めているのは、大学生でもなかなか内定をもらえない、 地...

人生、どう働くか。

2017/03/04 03:03

NHK朝ドラ「べっぴんさん」。 時代は、大阪万博のあった1970(昭和45)年頃。 戦後を生きぬき、定年退職を迎えたオライオン(坂東営業部)の 長谷川さんのセリフ。 「どう働くかは、どう生きるかにつながります。皆さんもどうか 充実した人生をお送りください」 天皇陛下のベトナム公式訪問のニュースで知った、残留日本兵の話。 「太平洋戦争(大東亜戦争)時、当時のフランス領インドシナに進駐 し、ベトナムで終戦を迎えた旧日本軍の兵士が、その後も現地に残り、 フランスとの独立戦争に加わった。その残留日本兵の妻や子...