ブログ

希望ある未来のつくりかた

2021/12/07 06:12

「空と道」 空は見上げればどこまでも広がっている。 時が経てば色は変わり、次の日へと向かう。 道は先が見えないほど長くなっている。 だが進まなければ先は見えないまま。 一人一人、空と道は違う。でもそれを否定してはいけない。 人は、それぞれ向かう道は違う。 それぞれが思う空も違う。 だがそれは人として当たり前である。 それぞれにしか見えない物があるから 、新たな何かが生まれる。 それを否定する権利は誰にもない。 誰にも人の中にある空と道を遮ることはできない。 だが一つ、空と道にふれる方...

文理の分かれ道

2021/11/27 02:11

20211127_065138
どうして、文系と理系に分けられるのか? その理由は諸説あるが、是非を問われると明確な答えは見当たらない。 私の場合、超がつくほどの“文系人間”。学生時代をふり返ってもそれは明らかだ。 ・マイナスの数字にマイナスを数字をかければ、もっとマイナスになるはずなのに、 なぜプラスになるのかわからない。 ・√4や√9は納得できるけど、√3や√10がどうして存在するのかわからない。 ・電子は-から+方向へ動くのに、どうして電流が+から-に流れるというのかわからない。 ...

「幸せ」と「仕合せ」

2021/09/19 09:09

幸福感というのは、時代によっても人によっても変わる。 「幸」という漢字の意味は、成り立ちを調べると「若死にすることなく生きながらえる」または「罪を逃れる」ということを表しているらしい。要するに「災いや病気、争いを避けて無事に過ごす」という喜びを表現したと思われる。   かつては、「仕合せ」と書かれていたという。「仕」とは、尊い相手につかえるという意味で、他人同士が「仕え合う」「し合う」ことで相喜ぶ。それこそが「しあわせ」なのだということを、昔の日本人は知っていたのかもしれない。 英語にあてはめる...

努力は必ず報われる!・・・のか?

2021/04/23 09:04

「努力は必ず報われるんだなと思いました」。 病気をみごとに克服し、オリンピック代表選手に内定。涙ながらに語った池江璃花子選手のインタビューに、多くの人が感動したことと思います。 池江選手は、 「自分が勝てるのは、ずっと先だと思っていた。だけど、勝つための練習はしっかりやってきた」と語っていました。順位にはこだわらず、やるべきことを全てやって挑んだ結果だったからこそ、素直に出た言葉だと感じました。 努力によって自分の夢を叶えた人の言葉は輝かしく、頑張っている人に勇気を与えてくれます。しかし、努力の甲斐なく、悔...

若い人の心に響くもの

2020/08/06 06:08

50489_2_l
先月7月、復元整備が行われていた金沢城の鼠多門・鼠多門橋が、2年がかりの工事を終え完成した。 以前、この工事の総棟梁を務められた“現代の名工” 佐田 秀造氏にインタビューをさせていただいたことがある。 佐田棟梁は、羽咋高校の建築科を卒業し大工の見習いとなったが、親方の理不尽さに辟易し、1週間で辞めようと思ったという。しかし、母親の悲しむ顔が浮かび、踏みとどまった。その時、兄弟子から言われたのが、 「秀、おくがなら(辞めるなら)今やぞ。もうちょっこ経ったら、おかれんがなるげんぞ!」 ...